草野球革命!?M球の影響について調べました!

軟式ボール

2018年から軟式ボールが変わりました!

今まではA球を使っていましたが、M球に変更となりました!

模様がハートに見えますよね!

軟式ボール

もしくは桜の花びらですかね?

使ってみた感想としてまず重い!そしてデカい!

重い

チームメイトも「打った時の衝撃が違う!」「芯食った時の打球が飛ぶ!」など言ってました。

僕は変化球が前より曲がるなという印象でした!

実際のところ、どう変わったのかネットで調べてみると、

新しいM号と現行のA号の大きさは直径72ミリで変わらないものの、重量はM号が2グラム重くなって138グラムとなる。(中略)硬さも増す。ゴムと薬品の配合の比率を変更し、ボールの硬さを示す指標となる「圧縮荷重」がM号、J号とも現行と比べて増加した。

時事ドットコムニュース、ハートの新球、5つの秘密より

大きさは変わってないみたいです。。

また、M球についての動画もありました↓

ハートマークのボール、秘密を探る=軟式野球、新公式球の実力は

ハートのマークについては、

なぜハート型なのか。宗像専務理事は「最初からハートありきではありませんでした。ディンプル率を80%に上げるには、この模様が一番最適だった」と説明する。(中略)さらなる飛距離増を求めて、ハート型のディンプルが登場する。宗像専務理事は「ゴムボールは硬式よりも軽く、バットで打つと形が変化するのはしょうがない。それを、ディンプルによって変えて、空気抵抗に逆らわずにスムーズに飛ばす。これは本当にすごい発想です」と語る。桜の花びらのようにも見えるどこか優雅なハート型は、性能の向上を目指した機能美のデザインと言える。

時事ドットコムニュース、ハートの新球、5つの秘密より

空気抵抗とか考えた結果みたいです!

女子野球を盛り上げよう!とかではないみたいです!笑

今回の変更が僕の目指すところである盗塁にはあまり影響しませんが、ピッチャーした日の疲労度はすごく感じています。2gの違いを体幹しております。。おじいちゃんになっても盗塁できるように、身体のケアに気を遣っていきたいと思いました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする