【野球語辞典】-さ行-

【野球語辞典】-さ行-


-三盗

-シフト
-周辺視
-審判


-セイバーメトリクス

三盗

三盗

・盗塁の中でも2塁から3塁へ進む盗塁を指す。
・二盗よりもキャッチャーが投げる距離が近いため、難しいとされる。
・相手が左ピッチャーの場合、リードを取りやすいため、一般的には成功確率が上がる。
・二遊間のコンビ次第では、牽制がわかりやすいため、左ピッチャーの場合と同様にリードは取りやすくなる。
・ただ、アウトになると一気にチャンスが潰れるため戦犯扱いになることも。
・よって、試合展開や相手バッテリーや二遊間の能力など総合的に考えて判断することが望ましい。空気が読めない選手はしないこと。
・球辞苑編集部のまとめでは「三盗とは幸せな夫婦の浮気である/徳井義実」とのこと。

「三盗」 球辞苑~プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち 「三盗」

シフト

シフト
ダイヤのエース actⅡ 18より

・バッターの打球傾向に合わせて守備位置を動かしアウトの確率を上げること。
・草野球では相手の打球傾向を把握できていることは少なく、ピッチャーもコースに投げ分けが難しいのでシフトを敷くことはほぼない。そもそも捕るのに必死。

周辺視

周辺視
僕はまだ野球を知らない 1 より

・「一点に焦点を合わせた時、その周辺部を見る視野のこと 。」(僕はまだ野球を知らない 1より引用)
・ 野球限らず、スポーツ全般で必要となる。

審判

審判

・野球の試合における進行係。判断者。
・特にキャッチャーは敵に回さずに、なるべく仲良くしたい存在。
・近年、技術の発達に伴いビデオ検証が取り入れられ、より正確なジャッジがされるようになってきている。
・草野球では攻撃側が審判として主審を務めることも多い。そのため、1・2・3塁のアウト/セーフの判定は難しいので、内野手とランナーの判断に委ねることも。
・相手チームに忖度するようなジャッジばかりすると、味方チームからのヤジが凄まじいことなる。

『検証行います』球辞苑~プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち~選「審判」2019年

セイバーメトリクス

セイバーメトリクス
僕はまだ野球を知らない 1 より

・「ビル・ジェームズによって提唱された野球についての統計学的な分析方法。」(僕はまだ野球を知らない 1より引用)
・ 草野球ではなかなか縁遠い方法。